Click here

Kawa akari

PDF 明治から昭和にかけて活躍した小説家、歌人である岡本かの子の小説。「中央公論」[1939(昭和14)年]に掲載された。同名の第八創作集に [創元社同年] 収録。船乗りの男木下は、義母と実母との争いから女の醜い本能を嫌うようになった。堺屋の娘は木下と結婚すべく、女臭さを捨てようと苦しむ。「私」は、木下と娘との関係を見届けたあと、川は女のいのちの象徴であると悟る。

Tags: pdf, download, kawa, akari, pdf, kanoko okamoto

PDF - download Kawa akari

Download from mirrors

kawa_akari.pdf (6.9 Mb)

kawa_akari.zip (3.45 Mb)

kawa_akari.torrent

Book info

PDF Kawa akari ebook download

Title
eBook formatKindle Edition, (torrent)En
Author
File size6.9 Mb
ISBN
Pages count57
Book rating0.7 (0 votes)
 rate rate rate rate rate

From author